世界の Lifeplus

Yukiko Komatsu - Lifeplus 独立アソシエイト会員


目的に応じて季節の移り変わりを活かす理由と方法

Reading Time: < 1 minute

自然とのつながりが強くなるほど(自然療法のように)、健康になる可能性があることをご存知ですか。

大自然の中で過ごし、気分が高まったり、英気を養ったりすることで、人間は様々な恩恵を受けることができます。自然から少しでも多くのメリットを得るためには、自然とより深い関係を築く必要があるのかも知れません。

その方法のひとつが、食事、運動、睡眠、活動などの生活を一年のその時期に合わせて行う季節に合わせた生活です。日光、天候、動植物などからヒントを得て、母なる地球のサイクルに畏敬の念を抱きつつ、同調して生きる方法を学んでみませんか。

そのためには意識的な努力が必要ですが、目的に応じて季節の移り変わりを活用することは、簡単で楽しい方法です。

最初に:自分の体の声に耳を傾けて

気温が変化して外の様子が変わってくると、体が本来必要としているものを示すサインが出てくることがあります。

そのような季節の変わり目の合図には以下のようなものがあります。

  • 食欲(春には新鮮で歯ごたえのある野菜、秋には温かい根菜類が食べたくなるなど)
  • エネルギーの切替え(春夏は外向きのエネルギー、秋冬は内向きのエネルギー)
  • 天候や日照時間による趣味・関心事の差替え
  • 睡眠時間の増加または減少
  • 全体的な変化を求める感覚(シンプルにしたい、もっと読書をしたいなど)

また、特定の季節に体調が悪くなる(元気が出ない、気分がすぐれない、全体的に元気がないなど)のは、その季節に必要な栄養が不足しているためです。

自分の体が何を求めているのか、よく耳を傾け、それに合わせて食事や睡眠、生活習慣を変えていきましょう。

次に:どのような形で移り変わりを明確にするか決める

季節の変わり目には、ワードローブの入替えをしたり、特定のフレーバーのコーヒーを注文したくなったりすることがありますが、この季節から季節へのはっきりとした移り変わりとは、一つの生活様式を終わりにし、新しい別の生活様式へスイッチするようなものです。

具体的なアイデアとしては以下のようなものがあります。

  • 消化器系の休息と回復のための食事のリセットまたは断食
  • ソーシャルメディアやニュースなどのネット上の情報から離れて、これまでの季節を振り返り、新しい季節の目標を設定する
  • ヨガ、ストレッチ、ウォーキングなどのマインドフルな運動
  • 適切な水分補給のために水分摂取を心がける

移行の期間は、1日から3日、1週間以上など、自由に設定できます。

そして最後に:季節に合わせて暮らす

季節の移り変わりが到来したら、新しい季節の喜びを感じてみましょう。

食べるもの、動き方、寝る時間、行く場所など、全てが健康に最適となるべく、自然の影響を受けることに気づくはずです。

季節を意識した生活を送るために、ぜひ以下のことを試してみて下さい。

  • 旬の食材を中心にした外気温に合わせた料理(春夏は冷える料理、秋冬は温まる料理)
  • 気温や日照時間、自然環境を考慮した運動 (春のランニング、夏のカヤック、秋のハイキング、冬のスノーシューなど)
  • 睡眠パターンの調整(冬場は休息と回復のために多く、夏場は運動と収穫のために少なくする)
  • 季節に合った環境で生活する(夏は屋外で食事、秋は居心地の良いコーヒーショップで仕事をする)

私たちは通年、望むものの多くにアクセスでき、日々まったく同じ生活を送ることを選択できます。それでも、季節の移り変わりを意識すれば、多種多様な栄養、運動、そして生き方が見出され、人生が豊かになります。 あなたも季節に合わせて日常生活を優しく変えてみてはいかがでしょうか。

参考資料:
https://www.seasonsofchange.com/seasons-of-change
https://www.parsleyhealth.com/blog/seasonal-transitions/