世界の Lifeplus


秋と冬に適切な水分補給をするには

Reading Time: < 1 minute

秋のさわやかな朝にはパンプキンスパイスコーヒー、雪の降る冬の午後にはホットチョコレートをお供にしたくなるものですが、気温の低い時期こそ水分の摂取量を意識する必要があります。

水分補給は一年中重要です。水分は全体的な健康促進だけでなく、以下のようなメリットをもたらします。

  • 老廃物を排出する
  • より多くの栄養素を全身に運ぶ
  • 腎臓とリンパの流れを助ける
  • 心臓血管系に血液を巡らせる
  • 便秘を予防し、お通じを整える
  • 感染から体を守る皮膚を丈夫にする
  • 鼻や口の中の粘膜を湿らせ、病気になるリスクを下げる

この時期、汗をかくことは少なくなりますが、暑い季節と同じように水分補給が重要であることを心に留めておきましょう。

1日あたりの水分摂取量は体重1キロにつき1オンス以上(1オンス約30ml)が理想的です。さらに運動(トレーニング、ウォーキング、ヨガなど)を30分するごとに8オンス(約240ml)追加するのが望ましいとされています。

水分量は合算で達成できればよいのですが、水分補給に最も適している飲み物はろ過水とハーブティーです。

秋冬の水分補給を適切に行い、好ましい体調を維持するための方法を以下に5つご紹介します。

1. 朝一番で水分補給。目覚まし時計が鳴ったらすぐに、コップ1杯の新鮮な水で体を潤しましょう。睡眠中の発汗やデトックスで失われた水分を補給することができます。

2.温かいものを飲む。外の気温が下がると、温かい飲み物が欲しくなります。ハーブティーやコーヒーなど、体を温めるものを選んで、ひと息入れましょう。

3.スープを多めに作っておく。栄養と水分がたっぷりの自家製ボーンブロスやお気に入りのスープで、栄養と水分を同時に補給しましょう。

4.アイスキャンディーを常備する。秋から冬にかけては風邪やインフルエンザが流行しやすく、水分補給の重要性が高まります。風邪をひいてしまったときのために、ハーブエキスや電解質の含まれているアイスキャンディーを冷凍庫に常備しておきましょう(特に子どもにおすすめです)。

5.水分の多いものを食べる。秋には緑黄色野菜やリンゴ、冬には柑橘類が、水分補給に適した食べ物の代表格となります。

水分は一日中いつ摂っても構いませんが、いくつか注意すべき点があります。

  • 食事の時間以外で積極的に水分を摂取しましょう。ある程度は食事と一緒でも良いのですが、消化に必要な酸や酵素を薄める可能性があるため、食事中の水分の摂り過ぎには注意が必要です。
  • 夜中に排尿に起きてしまう場合は、就寝前の3~4時間の水分摂取を控えましょう。
  • カフェイン入りの飲料が睡眠の妨げとなる場合は、就寝前の6~11時間に摂らないようにしましょう。

水分補給は一見単純ながら、体に様々なメリットをもたらします。意識的に選択することで大きな違いが生まれるはずです。

それではさっそく、飲み物を用意しましょう。

参考資料:

https://www.sleep.org/how-much-caffeine-should-i-have/

https://frontlineerdallas.com/10-tips-for-staying-hydrated-during-fall