世界の Lifeplus

きちんと食べる

エネルギーになる健康食

Reading Time: < 1 minute

よりアクティブなライフスタイルを目指すなら、食べるものについてよく考えてみましょう。エネルギーと運動をサポートし持続させてくれるような、食事に取り入れたい理想的な食材はたくさんあります。

まずは、食生活全体のパターンから見直す必要があるかも知れません。糖分や塩分を控え、脂肪分の多い食品を避け、食品群を全て網羅しましょう。1日5皿分の野菜と果物を推奨するファイブ・ア・デイのメッセージも大いに参考になります。 それが分かっていても、毎日の生活の中でどれだけ実践し、バランスを保てるか、となると、なかなか厄介です。

外出先で手軽な食べ物やスナックに頼るのはやめましょう。その代わり、食べる時間を決めて、スケジュールに組み入れるのです。これには理由があります。次の栄養摂取がいつ頃になるか、そのリズムを体に覚えさせていくためです。体が慣れてくると、無視できないほどの空腹感が軽減され、飢餓感も薄らぎます。

朝食は一日のスタートの決め手となる重要な食事です。健康的な食べ物を導入するなら、理想的なタイミングとなるでしょう。パンに塗るものを低脂肪タイプにしたり、寒い時期ならオートミールのお粥にしたり、フルーツを毎朝食べたりといった方法があります。野菜入りのオムレツは手早く作れて栄養価も高まる優れた一品になります。

日中も積極的に摂りたい重要な栄養素がいくつかあります。運動の習慣を支える食事計画には、筋肉の燃料となる炭水化物がしっかり摂取できる食品を含めて下さい。特に、玄米や全粒粉のパン・パスタ、シリアル(昔ながらのオートミールも)といった食品からは、複合炭水化物1 の持続的なエネルギーが得られます。

オーツ麦、ナッツ類、豆類、種子類を混ぜたものは、とてもよいおやつみになります。週に一度の買い物の際には、様々な種類のものを買い集めてストックしましょう。ナッツやドライフルーツを入れたボウルをキッチンカウンターや職場のすぐ手の届く場所に常備しておくと、小腹が空いた時にヘルシーな選択ができます。

最近の研究では、タンパク質を豊富に含む食事2が運動や除脂肪体重の維持に役立つことが示唆されています。大豆や乳清、牛乳を原料とするプロテインシェイクがよい摂取源になるでしょう。

疲労回復のためには、鉄分の豊富なものを食べることも検討してみましょう。鉄分の摂取量は、赤身の肉、緑の野菜、栄養強化シリアルで増やすことができます。

こういった食品を組み合わせて、おいしい食事を楽しみましょう。料理やレシピを探せる有用なウェブサイトはたくさんあります。インターネットの力を利用すれば、自分では思い付かないような様々なレシピが見つかります。ヘルシーで栄養価の高い、お気に入りの食材を検索にかけてみるのもおすすめです。

日中に素早くエネルギーを補給したいときは、簡単に糖に分解される炭水化物が便利です。残念ながら、それはチョコレートではありません。オーツ麦のクッキーかドライフルーツ、あるいはエクササイズ用のシェイクなどがよいでしょう。運動中はきれいな水が必要です。水もエクササイズの必需品と考えて、手元に1本用意しておきましょう。水分補給の重要性はどんなに強調しても足りないほどです。

健康上のリスクを減らす最善の方法は適切な食事と定期的で程よい運動の2つである、ということは、医療の専門家によって確認されています3。アクティブに体を動かし、適切な食事をすると決めたなら、それを両輪として前進しましょう。ライフスタイルの大幅な改善で、効果が倍増するはずです。

  1. https://examples.yourdictionary.com/examples-of-complex-carbohydrates.html []
  2. https://www.hsph.harvard.edu/nutritionsource/what-should-you-eat/protein/ []
  3. https://www.health.harvard.edu/healthbeat/eating-to-boost-energy []