世界の Lifeplus

心から 健やかに

フェイシャルヨガ

Reading Time: < 1 minute

セルフケアによるリラクゼーション

怒り、悲しみ、喜び – 私たちの感情は、時に顔にはっきりと表れることがあります。顔の筋肉が絶え間なく動いているのは、表情だけが理由ではありません。この動きによって、年を重ねるごとに少しずつ筋肉が緩んでいくのです。フェイシャルヨガは、顔の筋肉をリラックスさせると同時に鍛えることができます。実際、フェイシャルヨガはあらゆる点で自然なアンチエイジングの効果があります。1 ヨガで顔にできることと、効果的なエクササイズの方法をご紹介します。

ヨガで顔に何ができるのでしょうか?

顔の筋肉を動かすこととフェイシャルマッサージを組み合わせることで、肌の様々な層に刺激を与えることができます。目に見える表皮は感じることができる一番上の層です。真皮は表皮の真下にあり、真皮下層は脂肪や汗腺を含む皮膚の一番下にある層です。フェイシャルヨガは血行を良くして肌を引き締めるだけでなく、健康にも良い効果があるとされています。

皮膚の下にある脂肪や筋肉の量は時間の経過とともに減少していくため、シワが増えたり、表情筋のたるみの原因になってしまいます。筋トレをすることで顔の筋肉量を増やすことができるので、シワを滑らかにすることができるのです。フェイシャルヨガは、例えば、額のしかめっ面のシワや、鼻と口の間にあるほうれい線を滑らかにする手助けになります。

リラクゼーションのためのフェイシャルヨガ

ヨガは体と心を調和させるだけではありません。フェイシャルヨガでは、顔の緊張をほぐすことができます。簡単な筋肉のエクササイズに加えて、顔の体操は他の種類のヨガと同様に、自己認識、内省、瞑想などを促します。毎日数分、リラックスとセルフケアの時間をとってみましょう。「自分の時間」がメンタルヘルスにプラスの変化をもたらし、仕事のストレスを軽減することはよく知られています。

セルフケア:適切な環境を作り、スキンケアをする

効果的なリラクゼーションのためには、適切な環境を整えることが重要です。気が散らない静かで快適な環境を作り、リラックスできる音楽をかけたり、呼吸に集中したりしてみましょう。携帯電話はサイレントモードにしておきましょう。リラクゼーションの始めには、深呼吸をしてからフェイシャルヨガのエクササイズを始めるのがおすすめです。リラックスできる環境を作ることで、日常生活のストレスから解放されるようになり、同時に顔もリラックスできるようになります。

首をリラックスさせるフェイシャルヨガ

長時間のパソコンやタブレットでの作業は、脳に大きな負担をかけるだけでなく、首にも負担がかかります。2 スマートフォンを見下ろすのも首の痛みの原因になります。3 首の筋肉は顔の筋肉と密接につながっているので、フェイシャルヨガを行うことで緊張を緩和し、全身の健康に貢献することができます。

フェイシャルヨガとアンチエイジング

人生の時が流れていくということは、時とともに肌が老化していくことでもあります。年齢を重ねるごとに、私たちの肌はますます弾力性を失っていきます。フェイシャルヨガを行うことで、自然なアンチエイジング効果が得られ、肌を輝かせることができます。また、スキンケアの日課に加えれば、自然な老化のプロセスを抑えることができます。1

批評家による主な意見に、顔のヨガが老化への恐怖を煽るというものがあります。しかし、シワの出現は必ずしも老化の影響ではありません。日常生活では、目を細めたり、しかめっ面をしたりすることがよくあります。シワを増やす原因となるのは、それぞれの顔のパーツが頻繁に緊張することによるものです。例えば、目と目の間のしわや額のしわなどです。顔の緊張をほぐす目的に合わせたエクササイズを行うフェイシャルヨガなら、血行を促進し、酸素の運搬を促し、年齢を問わず、よりなめらかな肌へと導いてくれます。

垂れ下がったまぶたに効くフェイシャルヨガ

目の上の部分のたるみやむくみのことを眼瞼下垂と呼びます。フェイシャルヨガは、額の筋肉を鍛えることで眉毛を大幅に上げることができ、眼瞼下垂を改善することができます。

口元や首周りの皮膚を引き締める

口角の垂れが気になる時、フェイシャルヨガのエクササイズの目的は、顔の組織を引き締めることです。唇周辺の血行を良くすることで筋肉が引き締まり、脂肪の定着を抑えることができます。

また、フェイシャルヨガは首の皮膚を引き締める効果もあるので、二重あごを目立たなくするのにも役立ちます。

科学的に確認されていること:フェイシャルヨガは肌を若々しく見せる

2018年の研究でフェイシャルヨガの美肌効果が確認されました。1 アメリカの研究者は、最初に毎日30分間の顔面筋トレーニング法を行い、その後20週間にわたって週3回のトレーニングを行った場合の効果を調べました。

エクササイズでは、様々な顔の筋肉を鍛えたり、指でマッサージをしたりしました。例えば、参加者は口を開け、上唇を歯の上にスライドさせ、頬が上に引っ張られるように笑うよう指示されました。指で頬の上の部分に圧力をかけ、その後、頬を下へ、そして上へと数回動かします。これにより、頬の膨らみが大幅に増加します。

ヨガによって発達した筋肉が目に見えて肌を滑らかにし、脂肪の減少を抑えることが証明されました。この研究の嬉しい副作用として、参加者は試験期間後、平均して3歳若返ったと言われています。

フェイシャルヨガの実践

フェイシャルヨガをやってみたいけど、何から始めればいいのかわからない – という方におすすめです。フェイシャルヨガを始めるためのヒントをいくつかご紹介します。コースに参加したり、自宅でエクササイズに挑戦したりすることもできます。

  • 最適な環境と場所を見つける
  • 初心者のうちは、鏡の前で練習する
  • 顔の体操を邪魔しないように髪を後ろで結ぶ
  • 指が顔に触れるので手を洗う
  • 乾燥肌を避ける
  • 写真を撮ってビフォーアフターを比較する

フェイシャルヨガコース

自宅近くで専門コースを探してみれば、自分に合ったものが見つかるかもしれません。近年では、フェイシャルヨガに特化したトレーナーも多くなってきています。コースに参加することで、エクササイズの正しいやり方を学び、自分の肌や顔についての新しい知識を得ることができます。コースはオンラインコースと対面コースの2種類から選ぶことができます。

フェイシャルヨガとエクササイズを日常生活に取り入れる

フェイシャルヨガは、日常の様々な場面に取り入れることができます。起床直後でも、仕事の休憩時間でも、自宅のリビングルームでも、エクササイズはいつでも行うことができます。大掛かりな準備は必要ありません。1日数分で、自分なりのルーティンを作ることができます。効果を持続させるためには、定期的にエクササイズを行うことが大切です。

輝く顔のためのフェイシャルヨガエクササイズ

自宅で簡単にできるフェイシャルヨガのエクササイズをご紹介します。これらのエクササイズは、顔の様々な部分に対応しています。このフェイシャルヨガガイドは、リラックスするのと同時に、気分や幸福感を向上させるのに役立つかもしれません。

エクササイズ 1:血行を促進する

このエクササイズの目的は、顔全体の血行を促進させることです:

  • 目をできるだけしっかりと閉じる
  • 同時に、口角を引っ張るように大きくニヤリと笑うようにする
  • 2分間そのポジションを保つ
  • その後、すべての顔の筋肉をリラックスさせ緩める
  • これを3~4回繰り返す

エクササイズ 2:二重あごを鍛える

このエクササイズでは、顔の下の部分の筋肉を鍛え、肌を引き締めることができます:

  • 口を閉じて、リラックスした状態で鼻から呼吸をする
  • 頭を左に向けて少し上に傾ける
  • キスするように唇をすぼめ、首筋の皮膚をそっと引っ張る
  • これを10秒間保ち、次に反対側を行う
  • 左右5回ずつ運動を繰り返す
  • そして、まっすぐ前を見ながら、親指をあごに押し当てる
  • 同時に、親指の抵抗に対して顎を下に引く
  • これを10秒間保ち、5回を繰り返す

エクササイズ 3:ほうれい線を小さくする

鼻と口の間にあるほうれい線を小さくすることができるフェイシャルヨガのエクササイズです:

  • 口を閉じて、鼻から深く息を吸う
  • 頬を膨らませて、空気を頬に5秒間保つ
  • 5秒間ずつ左頬、右頬、上唇、下唇に空気を押し込むようにする
  • 息を吐きながら顔をほぐす

エクササイズ 4:顔をリラックスさせる

このエクササイズは、顔の筋肉全体をリラックスさせることに重点を置いています:

  • 口と目を少し開けて、筋肉がリラックスするようにする
  • 真っ直ぐ前を向いて目線の高さのポイントを固定する
  • リラックスしてポイントに焦点を当てたまま、呼吸だけに集中する
  • 3〜5分ほどそのポジションを保つ

フェイシャルヨガで健康に

フェイシャルヨガは気分が良くなるだけでなく、アンチエイジング効果もあります。顔の筋肉をリラックスさせたい方、顔の筋肉を強化したい方、フェイシャルヨガの自然なアンチエイジング効果の恩恵を受けたい方など、私たちのエクササイズはあなたの日常生活に合ったルーティンを見つけるのに役立ちます。また、フェイシャルヨガをしながら他の人の明るい顔を見てみたいという方は、お近くのコースもご紹介していますので、お気軽にお問い合わせください。


[1] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5885810/

[2] https://www.health.harvard.edu/pain/prevent-pain-from-computer-use

[3] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4305549/

[4] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5885810/

[5] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5885810/

  1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5885810/ [] [] []
  2. https://www.health.harvard.edu/pain/prevent-pain-from-computer-use []
  3. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4305549/ []