世界の Lifeplus

心から 健やかに

仕事のストレスを軽減する

Reading Time: < 1 minute

和気あいあいと働くことのメリット

人には単独ではできないことがあります。どんなに賢くても、速くても、強くても、一人でできることには限りがありますが、仲間と力を合わせると、皆でより多くを成し遂げることができます。厄介な問題を解決するにも、目標を共有して達成するにも、協力が鍵となるのです。

仲間が増えれば荷が軽くなる、さらに…

達成すべき目標を共有できる仲間がいると、一人あたりの仕事量が減って、ストレスも軽くなります。1 ところが、一緒に働くことで得られるメリットはそれだけではありません。人は誰もがそれぞれに長所と短所を有しています。それを共に持ち寄ることで、自分に足りないスキルを補ってくれる、その分野により強く知識のある人の力を借りることができます。逆に、彼らにとって簡単ではない何かで、自分が役に立てることもあります。グループプロジェクトで集まった仲間と協力したときの総合的な力と成功の可能性は、一人ひとりが別々に働いた場合の単純な合算を大幅に上回るものになります。そういった意味でも、グループで取り組めば、個別にやるよりもはるかに多くを達成することができるのです。

互いを支え合う

仲間と一緒に仕事をする意義は、お互いのスキルを共有することだけではありません。協力して働くということは、どんな困難に直面してもお互いを支え合うということです。負担を分かち合えば一人あたりの負担が少しずつ軽くなります。課題があまりにも重くて腰が引けそうになったときには、頼りになる手を差し伸べてくれる誰かがいますし、他の誰かが苦労しているときに自分が手助けをすることもあるでしょう。そうやって、皆で前進を続けることが可能になります。互いに助け合い、支え合うのはすばらしいことです。自分が仲間を見守っているように、仲間も自分を見守ってくれている、その心強さがあるから、共通の課題に向かって一丸となって立ち向かうことができるのです。

成果を共有する

仲間と一緒に働いて目標を達成したときの喜びは、ひときわ味わい深いものになるようです。しかも、最終的な成果が各自でやった場合より良いものになることが多いのも嬉しいところです。家族や友人のために食事の支度をするという単純な例で考えてみましょう。あなた一人ですべての作業を行うことができるのは確かです。でも、手伝ってくれる人が増えたら、もっと簡単で楽しいと思いませんか。

協働を通じて皆がより良い成果を手にすることができます。一緒に課題に取り組むだけがチームワークではありません。ポジティブなコミュニティの一員であることを物語る、ライフスタイルそのものなのです。

  1. https://blog.proofhub.com/top-11-benefits-of-teamwork-in-workplace-24a55b8ab46e []