世界の Lifeplus

きちんと食べる

風味の重要性

Reading Time: < 1 minute

あなたは紅茶にミルクやレモンを入れますか。お気に入りのホットな飲み物においしい天然蜂蜜をたっぷりと入れて甘みを楽しみますか。それとも、自然が意図したままの味わいの方が好みですか。1

答えは味覚次第で異なりますが、風味によって好き嫌いが決まることはよくあるものです。

口に入れておいしいと感じるものは、概して食べたり飲んだりしても安全なものです。私たちの体に備わっている味覚はそれを教えてくれています。野山に自生する植物やその実には毒のあるものがありますが、試しに口に入れるとしばしば苦味や不味さを感じます。それは私たちが食べるべきものではない、と味覚が教えてくれているのです。好みの味は年をとるにつれて変化していきます。子供の頃、食卓に芽キャベツや苦手な野菜が山のように盛られているのを見て恐れおののいた記憶はありませんか。親ならおそらく誰もが緑の野菜を子に食べさせようとして、大げさな拒否反応や絶望の表情を目の当たりにしたことがあるでしょう。それでもいつしか大人になって、嫌いだった野菜を喜んで食べている自分に気付く時が来るものです。

味覚は個性と同じくらい重要です。何を食べ、何を飲むにしても、体に良い選択をするのがポイントです。昨今は食品メーカーが人口調味料を使った製品を販売していることが消費者に広く知られるようになり、食品に使われている成分に関心が高まっています。天然食品(オーガニックを含む)は英国市場で成長が顕著になっています。賢明な消費者は、添加物が使われていないだけでなく、味もより優れているという理由からなるべくナチュラルなものを選ぶようになっているようです。2

ライフプラスでは自社製品をレシピに取り入れる新たな試みや、クリエイティブなレシピの共有を推奨しています。デイリーバイオシリーズを色々な方法で楽しむアイデアを集めたレシピもご用意しています。新しい味覚の探求はもう始まっています。ナチュラルでおいしいフレーバーをこれからも私たちと一緒に作っていきましょう。

  1. https://khni.kerry.com/taste/the-science-of-taste-nutrition/ []
  2. https://medicalxpress.com/news/2018-07-important.html []