世界の Lifeplus

ウェルネスセンター – 全般的な健康につながるインスピレーションをあなたに

サプリメントによる栄養補給で全般的な健やかさを目指すウェルネスの世界へようこそ。これから歩み始める方も、すでに旅を始めている方も、私たちが応援します。あなたをサポートする有用な情報とガイダンス、専門家の意見をここに集めました。権威ある確かな情報源をもとに、できるだけ読みやすくした信頼性の高い記事を掲載していますので、ぜひお役立て下さい。

フィルター
心臓・血液循環
循環系の健康
ライフステージ
子ども
セクシャルヘルス
家族
妊産婦
女性
健康的に年を重ねる
乳幼児のケア
ホルモン
ペット
更年期障害
男性
男性の更年期障害
フェイス・ボディ
スキンケア
フットケア
ボディケア
お口の健康
美容
視力
耳・鼻・喉
フィットネス
回復
体力
バランス
持久力
柔軟性
衝撃性の低いアクティビティ
高強度のアクティビティ
毎日のウェルビーイング
季節と健康
必須栄養素、ビタミン、ミネラル
サステナブルな生活
体重管理
人間関係
疼痛管理
癖をなおす
趣味
消化と免疫
免疫系の健康
プロバイオティクス
リンパ系の健康
腸と消化
運動と体力
筋肉
関節・結合組織
脳と心
エネルギー
ストレス管理
幸せ
メンタルヘルス
マインドフルネス
感謝
睡眠
記憶力
食生活
ケト
オーガニック
他の食生活
ヴィーガン
ヘルシーな食事
ローフード
パレオ
ベジタリアン
地中海風
断食
食と季節
食物過敏
すべてクリア

フットケア

足 – 動作の基礎

Reading Time: < 1 minute 私たちは毎日足を使っています。それが当たり前になっていて、意識することなどほとんどなくて、何か問題が起きたときに初めて足のことを気にかけるのではないでしょうか。あらゆる動きの基礎となる足には、相応のケアが必要です。 丈夫で健康な足は、動作を適切にこなすために欠かせません。前進できるのも、それ以前に立つことができるのも、足のおかげです。足の働きがなければ、安定したバランスを保つのが困難になります。 足を最良の状態に保つことは、全身のあらゆる動作の基礎を確かなものとすることなのです。 前に進むために必要なこと 歩行は人間の最も基本的な動作のひとつです。赤ちゃんが初めて一歩を踏み出したときは誰もが喜ばしく祝福しますが、一度歩けるようになってしまえば、次第に忘れ去られてゆくものです。立って歩く、それが繰り返しできるということは、よほどのことがない限り、当たり前と受け止められます。最初の一歩を大切に祝うのは、そこから本当の意味で人生の旅が始まるからでしょう。立って歩くことができたら、A地点からB地点へ移動するための複雑な動きを学ぶことになります。 基本を身につけた後は、走ったり、跳んだりすることもできるようになりますが、前進するという日々の行動は歩くことから始まります。私たちは毎日、足を使って生活しています。たとえ運動をあまり心がけていなくて、座りっぱなしの生活をしていたとしても、トイレに行くとき、台所に入って食べ物を手に取るとき、あるいは単にある場所から別の場所に移動する時などに歩いています。 バランスについて 歩くということは、単純な動作ではありません。どこをどう動かすか以上に、バランスが重要です。実際、歩いている間の80%は片足立ちの繰り返しです。ところが、研究によると、私たちのバランス調整力は悪化する傾向にあり、あらゆる年齢層で日常的に危険な転倒が生じています。1 その一因は、体を動かさない座りっぱなしの生活が増え、日常的にバランスをとる練習をする機会が減っていることにある、と考えられています。とはいえ、幸いにも、年齢を問わず誰にでもできる改善策があります。バランス感覚を向上させ、転倒や怪我のリスクを減らすために取り入れてみましょう。2 横歩き – 両足をそろえて立ち、ゆっくりと動きをコントロールしながら横に足を踏み出し、もう片方の足を合わせます。 かかととつま先を合わせてウォーキング – 直立して、右足のかかとを左足のつま先の前に置きます。次は左足のかかとも同じように右足のつま先の前に置きます。このような方法で、前を向いて歩きます。 片足立ち – 支えになる壁に向かって、指先が壁に触れる程度の場所から両腕を前に伸ばします。片方の足を上げ、腰を水平に保ったまま、反対側の足を少しずつ 曲げていきます。数秒間姿勢を保ってから、ゆっくりと足を床に戻します。足を入れ替えて、これを繰り返します。 足を丈夫にして他の場所の痛みを抑制 体の仕組みは全体的につながっています。例えば、腰や首、背中、膝などに痛みを感じる場合、足に起因する問題がある可能性が考えられます。足の動きを良くすることで、他の場所で発生している痛みを軽減することができるかも知れません。例えば、足の痛みは膝の痛みと関連していることがあります。この場合、足底筋膜(かかと側)の緊張やコリをほぐすことで、上方に位置する膝の症状を軽減できる、という研究結果があります。 3 私たちの体の仕組みは全てつながっています。個々の部位に着目してみることで理解が深まる場合があるのは確かですが、全体を視野に入れることも心がけましょう。足の健康を大切にすれば、バランスが改善して歩行が楽になり、腰や膝、背中の痛みが軽減されます。体の動きを制限する要素が少なくなれば、運動もより効果的に楽しめるようになります。足はまさにあなたの土台なのです。 https://www.newscientist.com/article/mg24833030-800-bad-balance-why-dangerous-falls-are-on-the-rise-around-the-world/ [↩]https://www.nhs.uk/live-well/exercise/balance-exercises/ [↩]https://www.hss.edu/newsroom_foot-pain-hip-and-knee.asp [↩]

...詳細を読む

爪の健康

Reading Time: < 1 minute 爪と全身の健康状態との関係 最後に自分の爪をじっくりと観察したのはいつだったか、覚えていますか。全身の健康状態が爪に現れることはご存知でしょうか。爪は主にアルファケラチンと呼ばれる重要なタンパク質でできています。アルファケラチンは上皮細胞や髪の毛などの主要成分でもあり、体の一番外側の防護バリアを形成しています。 爪の見た目の変化から体の内部について分かることも多く、色の変化など特に気を付けるべきものもいくつか知られています。 爪の色から分かる健康状態 爪の色から何らかの健康問題があると分かる場合があります。例えば、体内の何かのバランスが崩れた時に爪が変色することがあるのです。ただ、すべての変化に必ず深刻な理由があるとは限らず、多くの場合は特に問題はありません。 血色の悪い爪 爪そのものの色は白っぽいのが理想的です。指先に届く酸素が足りないと、血色の悪い青ざめたような色が爪から透けて見えることがあります。その原因としては、貧血(体内で鉄が不足し、血中のヘモグロビン量が低下した状態)や血行不良が疑われます。 青ざめた爪には心臓や肺の問題が隠れている可能性があるという研究結果もあります。1 慢性的に青ざめているのなら医師に相談するべきですが、一時的なものなら心配はいらないでしょう。特に寒い時などは手が紫がかった色になるのは珍しくなく、手が温まれば元の色に戻るはずです。 白い点や線 タンパク質や亜鉛が欠乏していると、メールケ線と呼ばれる白い横線が爪の下に現れることがあります。亜鉛の欠乏のために白い斑点が現れることもあります。爪の変化には必ずしも深刻な病気が隠れているわけではありませんが、アレルギー反応や真菌感染症、あるいは単なる外傷といった可能性もあります。 半月状の白変 特定の内臓の不調が爪の状態に影響を及ぼし、半月状の大きな白変を起こすことはいくつかの研究で報告されています。爪の根元半分くらいが白くなり、その先が赤紫や茶色になっている場合、糖尿病や腎臓病が疑われるということです。2 黄色い爪 爪が黄色くなるのは比較的よくあることで、感染症やマニキュアに対する反応、1 もしくはニコチンなどによる場合が多いのですが、真菌感染症 3 によって爪が黄色くなることもあります。 爪の質感から分かる健康問題 爪の色だけではなく質感も健康状態を示すことがあります。爪と全身の健康状態は密接に関わっており、質感の変化からたくさんのことが分かります。 縦に筋の入った爪 縦に筋が入ったり割れたりするのは加齢によることが多く通常は心配いりません。しかし時として、乾癬や関節炎が原因で爪や爪の下の皮膚に凸凹ができることも知られています。4 これらが疑われる場合には医師に診てもらうのがよいでしょう。 脆い爪 爪が脆く割れやすくなるのは珍しいことではありません。医療関係者のように手を頻繁に洗う人や、職人のように重い道具や資材を扱う人であれば、爪の状態が多少悪くても日々の生活の結果に過ぎません。ガーデニングのような趣味やネイルサロン通いで爪が弱くなることもよくあります。甘皮がはがれたり爪の周りの皮がむけたりするだけでなく、手全体が乾燥してしまったりもするでしょう。もしも爪が常に脆い、あるいは色が黄色っぽくて割れやすい場合は、甲状腺の機能に問題があったり真菌感染が起きていたりする可能性があることが研究で指摘されています。4 爪を健康に保つためにできること 体の他の部分と同様に爪も健康に保つことが重要です。きちんと栄養バランスのとれた健康的な食生活を送り、正しいケアを行い、強い化学薬品との接触など爪に良くないものを避けて、健康な爪を維持できるようにしましょう。 ヘルシーな食生活でヘルシーな爪を 爪を丈夫にして健康な状態に保つには、バランスの取れた健康的な食生活が重要なことを忘れてはいけません。研究によると、亜鉛とビタミンC5 そしてビオチン 6 を日常的に摂取することが爪の健康維持に大切だということです。色とりどりの果物、卵、赤身の肉や鶏肉を毎日の食事に取り入れましょう。 特にビオチンの欠乏は爪に出ることがあるため、爪に異変を感じたら医師に相談して下さい。必要であればビオチンのサプリメントを勧めてくれるでしょう。7 健やかな爪のための適切なケア 爪の健康維持には正しいケアを行うことも大切です。お手入れは難しくありません。濡れたままにせず、可能な限り清潔に保ち、手と爪の保湿を欠かさないようにしましょう。爪を道具にして何かを開けたり削ったりすると、爪が傷つくことがあります。爪を噛んだり甘皮を取ってしまったりするのもいけません。マニキュアをする人は、たまには爪を休ませてあげましょう。 爪にダメージを与える製品を避ける マニキュアやアセトン入りの除光液など、製品によっては爪にダメージを与える成分が入っていることがあります。 8 ジェルネイルやアクリルネイルも爪が脆くなるので避けたほうがよいでしょう。消毒ジェルのような手や爪を過度に乾燥させてしまう製品にも気をつけて下さい。洗剤も刺激の強い化学品が入っていることが多いため、ゴム手袋を使うのがよいでしょう。 爪は健康のバロメーターですが、全ての変化に深刻な理由があるわけではありません 爪の変化は必ずしも健康上の問題を意味しているわけではありません。深刻な病気であるのは珍しく、多くが無害だと思っておいてよいでしょう。とはいえ、爪の変化について気がかりなことがあれば、不安を払拭するためにも皮膚科を受診することをおすすめします。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4375768/ [↩] [↩]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3891143/ [↩]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5527843/ [↩]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5527843/ [↩] [↩]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5579659/ [↩]https://ods.od.nih.gov/factsheets/Biotin-HealthProfessional/ [↩]https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17763607/ [↩]https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/in-depth/nails/art-20044954 [↩]

...詳細を読む

リフレクソロジーで健康に

Reading Time: < 1 minute リフレクソロジーでできること        リフレクソロジーでは体内のエネルギーの流れに注目して、マッサージで刺激を与えます。反射区と呼ばれるポイントは体中にありますが、ほとんどが足の裏にあります。適切な反射区に圧をかければエネルギーが体内をめぐり、老廃物を排出したり神経系をサポートしたりします。 リフレクソロジーの流れ リフレクソロジーは古代中国の治療法の流れを汲むもので、通常、一対一のセッションで気になっていることや特定の健康問題に対処していきます。まずリフレクソロジストと懸念事項について話し合い、その後の施術(通常30~60分程度)で問題のある体の部位に対応した反射区に刺激を与えてエネルギーの流れを促します。リフレクソロジーによって改善する症状は数多く、慢性的な腰の痛みがリフレクソロジーで軽減することが研究で示された事例もあります。1 特に重要な反射区 反射区が重視されるのは、足裏の異なる部位がそれぞれ体内の異なる臓器を映し出していると考えられているためです。2 左足は体の左側の臓器、右足は右側の臓器を反映します。3 リフレクソロジストが施術内容を細かく説明し、足裏のどの反射区が問題の臓器に対応しているか教えてくれるはずです。見えるところにフットチャート(足裏反射区図)が掲示されていることも多いでしょう。大抵の場合は足裏に施術が行われますが、手や耳に行うこともあります。4 耳のリフレクソロジー 耳の末端神経は足と直接つながっているため、耳と足のリフレクソロジーを一緒に行うと効果的です。耳のリフレクソロジーを自宅で試してみてもよいでしょう。耳鳴りにも効果があるかも知れません。耳には何千もの末端神経がありますが、主要な反射区は一般的なピアスの位置の近くにあります。右の耳たぶなら穴より少し右側、左の耳たぶなら少し左側です。右の耳たぶを上から下まで10秒間さすり、次に左の耳たぶも同様にしてください。これを1日に数回、症状が和らぐまで繰り返しましょう。5 手のリフレクソロジー 手のリフレクソロジーも体のエネルギーの流れを利用しますが、手の末端神経は密集しすぎて特定の臓器にフォーカスしにくいため、リフレクソロジストが手から背術を始めることはあまりありません。しかし、手のリフレクソロジーも足と同様に痛みの軽減に効果があることが研究で分かっています。6 足のリフレクソロジー リフレクソロジーに関する研究では、足裏の適切な場所に圧をかければエネルギーが増進し、ストレスや疲れを軽減できることが示されています。7 足にはたくさんの反射区があり、指に近いところは頭に近いエリア、かかとに近いところは骨盤のエリアと関わっています。そのため、足の指を刺激すれば耳や目、脳に、かかとに近い部分を刺激すれば膀胱や腸によい効果が期待できます。 リフレクソロジーで健やかな毎日を リフレクソロジーは補完療法であり、代替療法ではありません。ですから深刻な健康問題をこれだけで治療しようとするべきではありません。しかし、喘息や頭痛、不安といった症状に対し通常医療を補完するものとして利用すれば 3 、体の強化や回復促進に役立つ可能性があります。8 最後に、健康に何の問題もないと感じるときでも、反射区のマッサージはリラクゼーションとストレス解消に役立つことが分かっていますので、2 どんな人にもおすすめできます。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5114793/ [↩]https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/consumer-health/expert-answers/what-is-reflexology/faq-20058139 [↩] [↩]https://www.takingcharge.csh.umn.edu/reflexology [↩] [↩]https://www.fht.org.uk/therapies/ear-reflexology [↩]https://healingplacemedfield.com/reflexology-reiki-energy-medicine-boston/2020/05/07/ears-ringing-tinniutus-reflexology-can-help/#axzz6QRvBjRUZ [↩]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6875882/ [↩]https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22310867/ [↩]https://www.takingcharge.csh.umn.edu/explore-healing-practices/reflexology/how-does-reflexology-work [↩]

...詳細を読む